食べる

ハノイ・ミーディン区にコーヒー専門店 ベトナムの棚田をデザインに生かす

「De Ville Cafe」の店内

「De Ville Cafe」の店内

  • 4

  •  

 ハノイのミーディン区にコーヒー専門店「De Ville Cafe(デヴィルカフェ)」(A2 building, Vinhome Gardenia, Ham Nghi, My Dinh, Ha Noi)がオープンして間もなく2カ月がたつ。

「De Ville Cafe」の外観

 1月26日にオープンした同店。店名はフランス語で「街角」を意味する。2階建ての同店の店舗面積は200平方メートルで、カウンター3席、テーブル42卓を備え、200人を収容できる。内装はグレーホワイトとオレンジ系のブラウンを基調にした「ミニマリストスタイル」で、「空白の壁を生かすことで、特別なデザインのテーブルや椅子を際立たせ、お客さまの心に強く訴えるのが狙い」と広報担当のダム・カン・リ(Dam Khanh Ly)さん。「テーブル席はベトナムの伝統的な『棚田』に着想を得たデザインになっている」とも。

[広告]

 ドリンクメニューは、ダラット産のコーヒー豆とココナツミルクを組み合わせたベトナムコーヒー「Coconut Milk Coffee」(5万ドン)、カウダット産のコーヒー豆と焼きアーモンド風味のクリームを使ったイタリアンコーヒー「Grilled Cream Coffee」(5万5,000ドン)、オリジナルのエチオピアコールドブリューとオレンジの香りを組み合わせた「Orange Cold Brew」(6万ドン)、ジャスミングリーンティーとパイナップル、ココナッツシロップ、新鮮なキウイを使った「Kiwi Tea with Coconut Juice & Pineapple」(5万5,000ドン)などをラインアップする。

 ダムさんは「コーヒーを通じて、人と人がより良くつながるユニークなコーヒーの街角になれれば」と期待を込める。

 営業時間は7時~22時30分。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース