暮らす・働く

ハノイの日系クリーニング・ランドリーサービス「Japan Laundry」が7周年

「Japan Laundry」のスタッフ

「Japan Laundry」のスタッフ

  • 6

  •  

 ハノイの日系クリーニング・ランドリーサービス「Japan Laundry」が5月8日で7周年を迎えた。

「Japan Laundry」クリーニング工場の様子

 日本のクリーニング設備を取り入れ、日本と同じ品質のクリーニングと「宅配・速達」サービスを提供する同社。ベトナム駐在の日本人ビジネスマンを中心に需要が伸び、ハノイに直営4店舗を持つ。「地元のクリーニングでは不安な方に安心して利用してほしい。品質の保証されたランドリーサービスに最善を尽くしている」と広報担当のBich Ngocさん。

[広告]

 直営店は、タイホー店(11 Tay Ho)、シプチャ店(E1 Ciputra) 、ホアマー店(15 Hoa Ma)と、今年2月にオープンしたリンラン店(39 Linh Lang)。このほか、Golden Westlake店(162A Hoang Hoa Tham, Ba Dinh)のFC店もある。

 「ベトナムの洗濯店の90%は『Perc』というドライクリーニング溶剤を使っている。これは安い化学物質で、環境にも有害。英国、米国のほとんどは自国での使用を禁止している。当社では、ユーザーの健康と環境に配慮して『Hydrocacbon』溶剤を使っている」とも。

 リンラン店には日本人が常駐しているため、日本語対応も可能だという。集荷受け付けの電話には、日本語専用の番号(090-224-5226)も用意する。ドライクリーニングの料金は6万5,000ドン~。冬物の保管などができるクローゼットサービス(12万~35万ドン)、しみ抜き(10万ドン~)。

 新型コロナウイルスの影響で、4月は店舗休業やデリバリーのみの営業などがあったが、現在は店舗とデリバリー共に感染防止策を講じながら通常通り営業している。日本語専用ダイアルの対応時間は8時~18時。日曜・祝日定休。