買う

ハノイにキャンドル専門店「Workshop Candles」3号店 天然素材の香りが人気

店舗外観

店舗外観

  • 11

  •  

 ハノイのハイバーチュン区にキャンドルやエッセンシャルオイルなどを販売する「Workshop Candles(ワークショップ キャンドルズ)」(Bui Thi Xuan, Hai Ba Trung, Ha Noi)がオープンして1カ月がたった。

「Workshop Candles」のスタッフ

 7月31日にオープンした同店は、ハノイとホーチミンの2店舗に続く3号店。グエン・ファン・ホアン(Nguyen Phan Hoang)さんとファム・ゴック・ホウエン(Pham Ngoc Huyen)さんの2人が共同で始めた。店舗面積は30平方メートル。外観とインテリアはヨーロピアンスタイルのモダンなデザインでまとめた。

[広告]

 「以前のベトナムでは魅力的な香りと安全性を兼ね添えた商品を見つけることは難しかった。そこで2016年、ルームフレングランスを求めるお客さまに向けて1号店をオープンした」とグエンさん。「いい香りのキャンドルを作るために素材や成分の割合、各ステップの適切な温度管理など、常に気を配っている」と言う。

 人気のキャンドルは、竹やコケ、ビャクダンとの香りを組み合わせた「Rain Forest(レインフォレスト)」(51万ドン)や、バニラの香りにトンカビーンズ、ポプラ、ムスクを合わせた「Vanilla Tonka(バニラトンカ)」(33万ドン)、ティーツリーとユーカリ、ミントの香りの「Tea Tree(ティーツリー)」(37万ドン)など。スミレの香りにムスクやラベンダー、ミントを合わせたリードディフューザー「Violet(バイオレット)」(82万ドン)やマスクメロンのエッセンシャルオイル「Musk Melon(マスクメロン)」(48万ドン)などもある。

 グエンさんは「当店では、体や環境に優しい天然素材成分のフレグランスブランドを使っている。お客さまの気分が楽しくなるような空間を演出する商品を提案していきたい。当店はハノイの中心街にあるので、気軽に立ち寄ってもらえれば」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は9時~21時。