食べる 買う

ハノイにベジタリアン料理店「The Vejo」 アラカルト50種超や体験メニューも

店主のタイ・タン・トゥイさん(中央)とスタッフ

店主のタイ・タン・トゥイさん(中央)とスタッフ

  • 38

  •  

 ハノイのホアンキエム区にベジタリアン向けの菜食料理を提供するカフェ&レストラン「The Vejo (ザ・ヴェジョ)」(46B Bat Dan, Cua Dong, Hoan Kiem, Ha Noi)がオープンして2カ月半がたった。

「The Vejo」の外観

 昨年10月31日にオープンした同店。肉類を使わず、野菜や果物、ナッツ類を使った料理を提供しており、「健康のために食事を変えたいお客さまが対象」と店主のタイ・タン・トゥイ(Thai Thanh Thuy)さん。「健康になりながら、環境を守り、動物の殺害も減らすため、もっと実際的な行動をとりたい」という思いから出店を決めたという。

[広告]

 店名には「Vegetable(野菜) Journey(旅)」の略で、「未来に向かう野菜の道を皆で一緒に歩き始める場所」という思いを込めた。40人を収容できる店舗は2階建てで、屋内にテーブル9卓、バルコニーにテーブル2卓。店内には黄色のちょうちんを飾り、「クラシックで居心地の良い空間」に仕上げた。随所に植物を配置することで「健康的な生活のイメージ」も加えた。

 月替わり、または季節替わりで50種以上のアラカルトメニューを用意する。「お薦め」のメニューはカシューナッツとみそから作られたスープに卵やのり、キノコ、豆腐、野菜などを入れた「みそラーメン」(12万8,000ドン)、焼いたキノコにパプリカとバターで作るソースをのせた「Awaken」(8万8,000ドン)、新鮮なフルーツにパッションフルーツとカシューナッツのソースを添えたサラダ(10万8,000ドン)など。

 そのほか、菜食料理初心者のための「体験メニュー」2種類も用意する。週替わりのスープ、前菜、メイン料理、デザートなど7~10品が付く。「体験メニュー」(15万ドン)の一例は、キヌアスープ、Awaken、生春巻き、タマリンドソースの野菜ロール、ロメインレタスのグリーンサラダなど。店内では、ナッツパテやナッツミルク、サラダドレッシングなど、テークアウト用の手作り商品も販売する。

 トゥイさんは「野菜を使ってクリエーティブな料理を作り、人々に健康的で人道的な生活へのインスピレーションを刺激する店でありたい」と意気込みを見せる。

 営業時間は9時~14時30分、17時~21時。月曜定休。