食べる 見る・遊ぶ

ハノイにカクテルやワインを提供するバー「ナイトシフト」 ライブ演奏も

「ナイトシフト」の店内

「ナイトシフト」の店内

  • 10

  •  

 ハノイのバーディン区に10月1日、カクテルやワインを提供するバー「NightShift(ナイトシフト)」(68 Yen Ninh, Truc Bach, Ba Dinh, Ha Noi)がオープンした。

「ナイトシフト」のバーテンダー

 カクテルやワインのほか、ウイスキー、ジンなどもそろえる同店。音楽のライブ演奏も週3回行っている。「店主自身もナイトライフ文化が好きで、ハノイでも多くの店を訪れた。にぎやかなハノイにはたくさんのナイトライフ店があるが、どこも店主の期待に十分応えることはできなかった。そこで、店主自身を満足させ、同じレベルを求める人々に提供するため当店をオープンした」と広報担当のチエウ・リン(Trieu Linh)さん。

[広告]

 店名は「夜勤」を意味する。「勤務時間のシフトが変わるように、一日の終わりに来る場所として当店を覚えてほしい」という思いを込めたという。「疲れた日の後、当店がストレス解消の場になれば」とも。

 店舗面積は200平方メートル。カウンター席、店内テーブルのほか、広々とした屋外席もあり、100人を収容できる。カウンターに立つバーテンダーの背後には酒やワインなどのボトルを並べ、照明システムで演出している。

 バーテンダーの独自なレシピでブレンドし、特別な名前を付けたシグネチャーカクテルには、「目を引く夕陽のようなオレンジカラー」を作り出し、果物の甘さとお酒の苦味を調和させたカクテル「Yesterday once more」、長期間熟成したウイスキーを使った男性向けの濃厚なカクテル「Lese-Majesty」(各22万9,000ドン)などをラインアップ。ラムをベースにライム、ミント、砂糖、ソーダを加えた基本のクラシックカクテル「モヒート」(16万9,000ドン)や、ハラペーニョ入りのテキーラ、ライム、コアントロー、苦めのオレンジマーマレード、アガベなどでブレンドした「ジャラマルガリータ(Jala Margarita)」(19万9,000ドン)なども用意する。

 ほか、海外から輸入された赤ワインや白ワイン、ロゼワイン(以上15万ドン~)、コカコーラ、ソーダ、レッドブルなどのソフトドリンク(以上2万ドン~)。ミックスオリーブやスナックなどのフード(2万ドン~)もある。

 チエウさんは「ハノイ市場でプライベートブランドを作りたい。オープンしたばかりだが、より多くのお客さまに来店いただけるよう努めている。お客さまに満足のいく体験やおいしくてユニークなドリンクを提供して、バー独自のイメージを構築していければ」と意気込みを見せる。

 営業時間は18時30分~24時(月曜~水曜は17時30分~)。