食べる

ハノイの串焼き専門店「オールブルー」が1周年 日本流の味40種提供

「オールブルー」のスタッフとカウンター席

「オールブルー」のスタッフとカウンター席

  • 8

  •  

 ハノイのバーディン区リンラン通りにある串焼き専門店「All Blue(オールブルー)」(8 Ngo 70 Linh Lang, Cong Vi, Ba Dinh, Ha Noi)が10月20日で1周年を迎えた。

「オールブルー」の串焼き

 日本流の串焼きに加え、おつまみやサラダ、揚げ物、ラーメンなども提供する同店。店主のグエン・ティ・ラン・アン(Nguyen Thi Lan Anh)さんは日本を旅行中、焼き鳥に出合い「ぜひハノイに持ち込みたい」と考えた。その実現のため再び日本へ行き、日本で働くベトナム人シェフに自分の「夢」を語り、日本流の串焼き店を共にオープンするため帰国するよう説得したという。

[広告]

 店名は人気漫画「ワンピース」に登場する伝説の海「オールブルー」に由来する。2階席も含め、2・4・6人用のテーブル席やカウンター(2カ所)があり、44人を収容できる。

 串焼きは、ぼんじり、皮、もも、砂肝、ささみ、つくねなど約40種類 (1本=1万2,000ドン~3万5,000ドン) を用意する。新鮮な食材を使い、塩コショウを振りかけてゆっくりと焼き、ひっくり返すことで中から外まで均一の焼き上がりとなり、「おいしさを引き出している」という。

 ご飯に笹身や紅しょうが、大根の漬物、生卵、しょうゆ、わさびなどを添えた「笹身と自然卵丼」(8万ドン)、鶏の骨を半日煮込んだスープの「鳥スープラーメン」(9万ドン)なども用意。コース料理(1人25万~33万ドン)や飲み放題(1人20万~25万ドン、2人から)もある。

 この1年を振り返り、「いろいろな挑戦が続く困難な旅だったが、いつもお客さまの愛、信頼、支援を受けることができ、とても幸運だった。本当に感謝している」とグエンさん。「これからも最高の日本料理を提供できるよう努めていきたい。伝統的な日本の焼き鳥の味を楽しんでいただき、忘れられない体験となれば」とも。

 営業時間は17時~23時。