食べる

ハノイに天ぷら専門店「冨士天ぷら いだ天」 富士山天丼、ステーキ重も

「冨士天ぷら いだ天」ハノイ店のスタッフ

「冨士天ぷら いだ天」ハノイ店のスタッフ

  • 3

  •  

 ハノイのバーディン区に3月28日、天ぷら専門店「冨士天ぷら いだ天(Fuji Tempura Idaten)」のハノイ店(6F, Lotte Center Ha Noi, 54 Lieu Giai, Ba Dinh, Ha Noi)がオープンした。

「冨士天ぷら いだ天」ハノイ店の外観

 日本で11年間勉強しながら働いていたという社長のホアン・コン・カット(Hoang Cong Cat)さん。天ぷら好きで、居酒屋から高級店まで楽しんできたが、中でも「冨士天ぷら いだ天」(山梨県南都留郡富士河口湖町)の「他の天ぷらとは一線を画す味わい」に圧倒され、「ベトナムに持ち込みたいと思った」という。

[広告]

 「冨士天ぷら いだ天」を経営するクリエイティブリゾート(山梨県富士吉田市)と共同で、ベトナムでの天ぷら専門店フランチャイズチェーンの展開を始め、昨年12月、ダナン(Da Nang)店をオープンした。首都ハノイへの進出も決め、「日本とオーストラリアの大使館に近く、交通機関に便利で、ハノイの日本人街ともいわれるエリア」にあるロッテセンターハノイ6階に出店した。

 店舗面積は251平方メートル、カウンターが2カ所あり、テーブル16卓、個室1室を備え、計97人を収容できる。カウンター越しに職人が天ぷらを揚げてすぐに提供するスタイルで、調理器具などは全て日本から輸入している。

 メニューには、大えび天6本、なす天、ピーマン天で富士山のような形状を作った「富士山天丼」(35万ドン)、大えび天、野菜天、刺し身3点盛りの「天ぷらセット」(31万8,000ドン)、「サーモン丼」(18万9,000ドン)などがあり、いずれもみそ汁が付く。かけそばか、かけうどんが選べるセット、「うな重」(28万ドン)、「ステーキ重」(25万ドン)なども用意する。

 ホアンさんは「会社の最大の資産は人だと肝に銘じているので、スタッフ育成のトレーニングには力を入れている。お客さまが快適で楽しく過ごせるような雰囲気作りも目指しているので、ぜひ一度お越しいただければ」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は11時~22時。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース