食べる

ハノイ・キンマー通りにラーメン店「権や」 鶏ガラベースで7種提供

「権や」の店内

「権や」の店内

  • 54

  •  

 ハノイのキンマー通りにラーメン店「権(ごん)や(NGON‐YA)」(KimMa, Ngoc Khanh, BaDinh, HaNoi)がオープンして間もなく2カ月がたつ。

「権や」の「権やラーメン」

 8月12日にオープンした同店。店名はベトナム語で「おいしい」という意味の「ngon」に由来する。13年前からハノイで焼き肉、お好み焼き、居酒屋、ホルモン焼きなどの事業を展開する日系法人が経営している。「新店を出す際、オーナーは日本へ帰国したときに自分が何を食べたいかを元に考える」と店長のフォン(Phong)さん。「今回はこってりしたラーメンが食べたいと思った」ことから、試行錯誤を繰り返し、鶏ガラベースのスープを完成させ出店に至ったという。

[広告]

 店舗面積は20平方メートル、カウンター11席。繁忙時や家族連れ、人数の多いグループ客には、2階にある居酒屋のテーブルを借りて対応する。「店内を明るくしてカウンターを赤で統一した。ラーメン鉢や備品も日本から輸入し、日本のラーメン店そのものの雰囲気」とフォンさん。

 同店では7種類のラーメンを提供している。「一押し」は、スープの濃さを4段階から選べる「権やラーメン」(10万8,000~13万8,000ドン)で、一番人気は「こってり3」だという。鶏ガラと野菜などの食材9種を強火で長時間煮込んだスープに、中太の熟成麺を使う。そのほか、自家製のジーマージャン、テンメンジャンを使った「担々麺」や「つけ麺」「みそラーメン」「てっちゃんラーメン」(以上12万8,000ドン)などもラインアップする。

 フォンさんは「日本にいるような雰囲気で、癒されるという声をいただいている。ビールとおつまみに始まり、ほろ酔いになってからのラーメンもお薦め。お子さま連れのお客さまにも対応している。ラストオーダーは23時なので、締めのラーメンを当店で食べていただければ」と来店を呼び掛ける。「新作の『てっちゃんラーメン』はてっちゃんとスープのバランスがいいラーメンに仕上がったので、ぜひ試してほしい」とも。

 営業時間は11時30分~14時、17時30分~23時30分(日曜は22時まで)。月曜定休。